スポンサーリンク

年末年始はどうしても生活のリズムが乱れ、食事も乱れその結果カラダも乱れがちに…

「正月太りでやばい」「今年こそはこの腹なんとかしないと」「お気に入りの服が切れなくなった」と慌ててランニングを始めたりジムに入会しても大半の人は長続きしません。

ではまず、どうすれば良いのか?最初は食事からテコ入れしていくことをオススメします!!

ダイエット・ボディメイクは食事が9割!

A08905a9d7ad985b07f4bef94381448a s

なぜ食事からなのかと言うと、ダイエット・ボディメイクは食事が9割!と言っても過言ではないからです。多分これはどんなトレーナーや指導者でもズレることがない意見だと思います。食事は仮に1日3食だとしても1週間で21食の機会があります。対して運動は普通の人であれば週に2-3回程度。そのため運動するよりは、食事に意識を向けて変えていった方が健康、ボディメイクという観点でも効率的なのです。

よく使われる食材の一つ「鶏胸肉」

どんな食事をすれば良いか?はこの記事では触れません。何故なら人によって現状、目標、体調、ライフスタイル等違うからです。「カロリー抑えましょう」「糖質制限しましょう」なんてのは、すぐに言えないのです。

しかし!!ダイエットやボディメイクしている人の食事でよく出てくる食材の1つ「鶏胸肉」サラダチキンブームもあり、ササミよりも身近に感じられるようになりました。(自分だけ?)

鶏胸肉は高タンパクで皮を取れば低脂質、低カロリー、代謝に関係するビタミンB6、疲労回復が期待できるとされているイミダペプチドなんかも含まれています。そしてなんと言ってもコストが安い!ダイエット、ボディメイクするための基本装備の1つですね。

胸肉を美味しく調理する方法!

しかし!鶏胸肉を調理しようとするとパサパサになってしまって美味しくない、味に飽きてしまうなど自炊をする上でどうしてもネックになってしまいがち。そこで今回は特別な調理器具を使わなくても、簡単に美味しい鶏胸肉を調理できる方法をご紹介!

厚みのある場所は包丁の背で叩いておく

ダイエット 鶏胸肉 調理
まずは皮を剥いでおきましょう。これはいらない部分ですね。そして切る必要もないのでそのまま鍋にダイブさせるのですが、その前に厚みのある部分は包丁の背である程度叩いておきましょう。こうすることで均等に熱が加わりやすくなります。

湯で時間は90秒!

お湯を沸騰させてその中に胸肉をそのままダイブさせます!湯で時間はたったの90秒!

蓋をして放置する前に

ダイエット 鶏胸肉 調理

90秒茹でた後は鍋に蓋をして、お湯が冷めるまで放置しておきます。その時に、ネギのいらない部分またはにんにく1欠片を鍋の中に一緒に入れておきます。こうすることで肉の臭さを取ることが出来ます。

祖母もはまった!美味しい胸肉の出来上がり!

ダイエット 鶏胸肉 調理
鍋が完全に冷めたら薄くスライスして完成です!焼いたり普通に茹でるよりも、しっとりして柔らかい。80歳を過ぎたうちの祖母もハマって週に何度も食べるくらいに美味しい胸肉の完成です!

味付けや、アレンジ方法は?

今回は普通に沸騰したお湯で茹でましたが、例えばダシで煮込んだり、コンソメキューブのようなものを入れることで味を染み込ませることができます。味付けはストイックにやるなら塩コショウでも美味しく食べられますし、オリーブオイルとかかけても良さそう。わさび醤油とか、タレなんかを作ってかけて棒々鶏みたいな感じにしても良いと思います。

調理中&調理後のアレンジで鶏肉の可能性が無限大!!!

更に上を目指すなら!

上記の方法でも十分に美味しく鶏胸肉を調理することができますが、更に鶏胸肉を極めるなら低温調理器を活用するのがオススメ!肉がよりしっとりして、まるでお店で食べているようなレベルで調理が出来ます。実際に会社でこの低温調理器を使って調理したものを食べたのですが、「これなら毎日!毎食でも良い!」と思えるくらい美味しかっったです\(^o^)/

スポンサーリンク
こんな記事もあります!