マイキンソー 腸内細菌 検査キット
スポンサーリンク

「すべての病気は腸にはじまる」
医学の父と言われた紀元前ギリシャの医師、ヒポクラテスの言葉です。

あなたの心身のトラブル、もしかしたら腸内環境から来ているのかも?!

腸内細菌、その前にウンチのお勉強


最近、ウンチドリルなんてものがヒットして空前のウンチブーム(嘘ですw)毎日、数回トイレに行く方もいれば、女性の方だと便秘で数日出ないなんてこともあると思います。

さて突然ですがウンチは何で出来ていると思いますか?

多くの方が「食べかす」をイメージすると思いますが、実はウンチは80%程度は水分で、固形分は20%程度。その20%のうちの3分の1が食べ物のカスで、3分の2が腸内細菌なのです。

腸内細菌って?

腸内細菌とは腸の中にいる細菌のことです。細菌と聞くと「汚い」「病気になる」のようなイメージがありますが、人間の身体の中にはとてつもない量の細菌がいます。常時いる細菌の数は100億個と言われ、皮膚・胃・小腸・大腸・泌尿器・生殖器などあらゆる臓器にいます。

人間は常に、体内や体外の細菌と共存しているんですね。

さて、腸内環境に絞って細菌を見てみると大きく分けて3つに分かれます。一度は耳にしたことがある「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」の3つです。

善玉菌
いい菌。この菌で腸内環境が優位になっていて欲しい。生まれたばかりの赤ちゃんにはこの菌しかいない。
悪玉菌
わるい菌。多すぎると良くない。だけど完全に悪ではない。普段のび太をいじめるけど、映画の時は男の友情に熱いジャイアンタイプ。
日和見菌
善玉菌と悪玉菌の優位な方につく菌。長いものには巻かれろタイプ。

腸内フローラとは

顕微鏡で腸の中を覗くと、まるで「お花畑:[英] flora」のようにみえることから、「腸内フローラ(=腸内細菌)」と呼ばれます。腸内細菌の種類や数、割合は食事・環境・生活習慣・人種・年齢などにより異なるのでもちろん『腸内フローラ』も人それぞれ異なるということです。

全ての原因は腸内細菌にあり?!

近年、この腸内フローラに研究者たちが注目をしはじめて、脳と腸の関係も少しずつ明らかになってきました。腸の状態が精神状態に影響を与えている研究結果も出てきており、うつ病などにも関係しているのかも知れませんね。(まだ明らかではないけど、ちょっとワクワクする!)

ちなみに生き物が誕生したときには、「脳」からではなくて「腸」から作られたなんて話もききます。
先日、読み始めたダイエットの科学でも第一章の項目は「微生物」で腸内細菌の話からスタートしていました。

そんな腸内細菌を調べることができるのが「My kinso(マイキンソー)」

パーソナルトレーニングジムで「遺伝子検査付き」なんてところもありますが、個人的には腸内細菌も調べたほうがいいのではないかと思っています。遺伝子は人の設計図なので変えることはほぼ不可能ですが、腸内細菌は食生活、生活習慣を変えることで変化させることができるからです!

腸内細菌を簡単に調べることができるのが「My kinso(マイキンソー)」さんの「自宅で出来る!次世代型・腸内環境検査キット」です!

検査キットが届きました!!

検査キットに付属されているのは下記の通り。

  • ガイドブック
  • 腸内細菌検査の説明書
  • 腸内細菌と健康との関わりが書かれた小冊子(内容が深くておもしろい!)
  • 採取キット
  • 返信封筒

便を採取して送るというとても簡単な検査。なんだか学生時代の尿検査を思い出します。便のサンプル採取し返送 & WEBサイトでアンケートを答えて結果を待ちます。

因みに僕は小学生の頃から腸が弱くIBS(過敏性腸症候群)でした。当時はこの言葉もなくて、メンタルが弱いとだけ片付けられていましたが…(泣)

社会人になってもお腹の具合や、便の状態はあまり良くありません(リアルタイムで進行中…)。今回の検査で何かを見いだせると嬉しいですな(●´ω`●)

検査結果WEBで確認!

検査キットを返送してからおよそ6週間程度で結果が出て、マイキンソーさんのWEBサイトにで結果を確認することができるそうです。遺伝子検査と違って、定期的にチェックするといいのかも知れません。例えばパーソナルトレーニングジムに通う前、通った後などは結果として面白いかもしれませんね^^

Mykinso マイキンソー

本日のひとこと

結果が出たらまたお知らせします!
スポンサーリンク
こんな記事もあります!