ダイエット時の糖質0麺も良いけど、トレーニングしてるならプロテイン麺なんかもいいかも。
スポンサーリンク

ここ数年でダイエット、ボディメイクブームになっております。消費者も自分の口にするもの、身体に入れるものに敏感になり

「小麦は良くない」「糖質は悪!病気になる」「白米はダメ、玄米にして」など様々な情報が溢れかえっており、何が正しい情報なのか?情報の取捨選択がとても大切になってきます。

しかし!これだけは言える!「たんぱく質はしっかり摂ろう!」

糖質0g麺はスーパーでも良く見かけるようになりましたが、たんぱく質が摂れる麺類もあります!

それがDNSからWEB限定で発売されているパワー系麺類です!

うどん、そば、パスタと麺類をカバー!

パワー麺シリーズは、うどん、そば、パスタ(2種)が用意されていて、いずれも1袋200gで¥756(税込)なので決して安くは無いですが、麺類単体で糖質もタンパク質も摂れるのである種のボディメイクフードと言える。

パワーうどん

麺単体でもたんぱく質は摂れますが、合わせて卵や鶏肉とも相性が良いと個人的には思っています。何だかんだで、ちょっとした時に食べたくなるのがうどんだったりします。個人的にはプロテインプロテインしていないので食べやすいかと。

DNSプロテインうどん

DNSプロテインうどん

つるっとしたのどごしが愛され、温でも冷でもおいしいうどん。そんな国民的フードにたんぱく質を豊富に配合したのが、この「パワーうどん」だ。一般のうどんに比べ、1食(100g)あたり24.8gと約2.9倍のたんぱく質を配合している。

DNS パワーうどん(乾麺/200g)

パワーパスタ

パスタは麺類の中でもソースを変えることで、味のバリエーションが出せるのが強み!パワー麺シリーズでは「細麺」と「平麺」の2種類が用意されているのでソースの種類に合わせてチョイスしても良し!気分で選んでも良し!好みで選んでも良し!

DNSプロテインパスタ

DNSプロテインパスタ

一般的なパスタは炭水化物が多いと思っている人がほとんどだろう。しかし、DNSパワーパスタは炭水化物をたんぱく質に置き換えているため、通常のパスタの約2.2倍のたんぱく質を摂ることができる。1食(100g)あたり27.1gのたんぱく質が摂れる。

DNS パワーパスタ スパゲッティーニ(乾麺/細麺/200g)

DNS パワーパスタ タリアテッレ(乾麺/平麺/200g)

パワーそば

プロテインの感が1番気になりそうな感じですが蕎麦感を失わせないパワーそば。市販で売っている蕎麦はほとんどが小麦粉で出来ていますが、原材料で1番多いのがそば粉で、合わせて各種たんぱくで作られた食べごたえのある蕎麦です。

DNSプロテインそば

DNSプロテインそば

信州でつくられた本格派そば。しかし、一般のそばとは違う。炭水化物を多く含む一般のそばに比べパワーそばはたんぱく質が豊富。1食(100g)あたり、通常のそばの約2倍にあたる27.5gのたんぱく質が摂れる。

DNS パワーそば(乾麺/200g)

糖質0g麺なら僕は紀文の丸麺が好き!

最近はあまりダイエットや絞ることはしませんが紀文の糖質0gの丸麺は好きで良く食べます^^市販のパスタソースや、ラーメンスープなんかに入れても美味しいです。もちろん市販のタレ系は糖質量が若干高いかと思いますがストイックにやらなければ、そこまで神経質になる必要は無いかなと思っています。

本日のひとこと

糖質0g麺を使えば、夏に食べたい冷やし中華だって立派なダイエット食!
スポンサーリンク
こんな記事もあります!