サラシア牛丼
スポンサーリンク

糖質制限、低糖質ブームなどを含めて高まる健康への関心・ニーズ。そんな中で牛丼における健康という付加価値として血糖値が気になる人への牛丼が吉野家から発売になりました。

スポルテックで気になった牛丼

先日、行われたスポルテックで気になる牛丼を見つけました。

機能性表示食品サラシア入りの牛丼。
牛丼は食べたいけれど、血糖値が気になるそんな人にオススメの牛丼の具ということで気になっておりました。
会場で食べることもできたのですが時間がなく、その場で食べることができませんでした。

サラシアって何?

東南アジアにかけて広く分布する植物の一種で、古くから糖尿や肥満の治療に用いられてきたと言われています。
糖質や脂質の吸収を緩やかにし、血糖値上昇抑制効果、体脂肪抑制が期待でき、近年の糖質制限やダイエットにおいてのサプリメントによく用いられています。

サラシア牛丼にはサラシア由来の「サラシノール」が含まれているようです。

ちなみにライザップで糖質をブロックする「多重ガード型サプリメントLIMIT+(リミットプラス)」にも配合されており大手のサプリメントにも配合されております。

E156ee1ee725f533723a4bf2a90c22de s

実際に食べて来ました!

ものは試しということで、実際に吉野家へ行って食べてきました。
価格はは並盛りで¥480、カロリーが673kcalだそうです。普通の牛丼より+¥100高いです。

IMG 5588

見た目は普通の牛丼と変わりません。(お味噌汁は付きません)

食べた感想は「普通の牛丼と変わらないかな」といった感じ。
頻繁に食べているわけではないので、頻繁に食べている方からすれば違うのかも知れませんが。

「同じ味で健康的に食べられている!」と思うのか「同じ味なら普通の牛丼でいいのでは?」と思うのか…

結局のところサラシア牛丼にする必要はあるのか?

861e9389349082f1ad114f3715f795b4 s結果から言ってしまうと「僕は全く意味がない」と思っています。

血糖値、糖質が気になるんであれば上に乗っかっている牛丼の具を気にする前に、並盛りと言いつつも丼で白米を食べてしまう方に問題があるからです。白米でGI値が高い、牛丼なのでかきこんで食べてしまいゆっくりと咀嚼しない点からも、血糖値を一気に上げてしまいます。

血糖値を気にしてサラシア牛丼を頼んだのにこれでは元も子もないですね(^_^;)

サラシア牛丼に含まれる炭水化物量はおよそ96g、もし糖質制限をしている場合には1食で摂取する糖質量としては多いかなと。サラシア牛丼を頼むなら、牛皿、サラダ、納豆、キムチ、味噌汁などを組み合わせて召し上がって頂いたほうがよっぽど健康的だと思う僕でございます。

まとめ

ちなみに松屋では追加料金でライスを豆腐に変えることができるサービスがあります。血糖値が気になる方、低糖質ダイエット中の方の味方ですね^^

「トクホ」「機能性食品」「血糖値が気になる方」という言葉を聞いてしまうとちょっと高くても、ついつい手が出てしまいそうになりますが、普段の食事の見直しからスタートしてみてはどうでしょうか。

本日のひとこと

本当に気にすべきところ、お金をかけるところは別にあるかも知れませんね。
スポンサーリンク
こんな記事もあります!