スポンサーリンク

人生において、時間の大きなウエイトを占めるのが「仕事」だと思います。

近年、働き方改革とかワーク・ライフ・バランスとか色々言われていますが、今まで色々な職種、業種、職場、雇用形態で働いてきた管理人。

良いことも、悪いこともあったけど今現在は仕事も、プライベートもとても充実した毎日を送れています。
そんな毎日を送るために、どう仕事とプライベートを関わらせたら良いのかを考えてみました。

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す 

自分が考える仕事とプライベートのつながり方

僕は仕事とプライベートのつながり方にはいくつかパターンがあるのかなと思っています。

仕事がメインになってプライベートが充実していない

8d341e561e30550229447cd506b9abc1 s

特に仕事も好きではないし、やりがいも感じていない。ただただ仕事をこなしているだけ、あるいは仕事に忙殺されていて、プライベートでも好きなことも、やりたいことも出来ない、していない、やろうと思えない状態。あまり多くはないと思うけどもブラック企業で働いていたり、ただ何となく毎日を過ごしてしまうとこうなる。

仕事は仕事と割り切ってプライベートを思いっきり楽しむ

15ff36bd5d7d73aabf2332a6e7ec593b s

仕事に特に思い入れはなくて、卒なく、しっかりこなしプライベートを思いっきり楽しむパターン。キッチリと終わる、終えるような仕事についていて収入も悪くなく安定していると思っている。そのおかげでプライベートに時間やお金をかけることができる。守らなければいけない人ができるとこのパターンな気がする。

仕事とプライベートの垣根がない

F105016ca6e9af3c99a89bf0099338b6 s

自営業や経営者、あるいは好きな事を仕事にしている人はこのパターンが多い。遊びが仕事、仕事が遊びみたいなことを言ってそう。自営業や経営者であればそもそも平日や休日、勤務時間という概念すら存在しないし、会社員の人でも会社でやりたいことを出来ていて、それが好きで休日にも専らそれを極めるために時間を割いていたりもする。

充実を生むには?

会社員として働いている方向けの話ではありますが、充実を生むために大切なことがあります。

職場において大切なのは「環境」と「人」

Caaf2a740c66285714f2e9b34a95bbd0 s

今まで色んな職場環境、そこで働く人を見てきましたが、「環境」と「人」というのは本当に大切です。

後輩にリアルに暴力を振るう先輩がいる職場でも働きました。
おはようございますと言っても何も返事のない職場でも働きました。
打ち合わせの際に、平気でタバコを吸いまくる代表のいる職場でも働きました。
社長がやりたいプロジェクトに誰も賛同せず、社長の悪口ばかり飛び交う職場でも働きました。

今いる職場はとても素晴らしいと思っています。なぜなら人がチャレンジすること、成長することを応援してくれるし、実施にチャレンジする人を見ることができる環境なのです。

実際にそれを見せられたら、自分もやりたい!という気持ちが湧いてくるのは自然なこと。

今の職場は「諦めかけていた夢をもう1度頑張ろう、やってみようと思える会社」だと僕は思っています。

結局は仕事の充実がプライベートの充実につながる

424be994dba5ea51df5fee36c299edfc s

なぜ、その環境にいる人、いた人は挑戦することができたのか?

管理人が思うに仕事の充実がプライベートを充実させ、人生を充実させているんだと感じています。

充実とは実に曖昧なものだし、もちろん他の人や、羽ばたいていった人がどう思っている、どう感じていたのかは分からないし、自分の考えだって変わっていくかもしれない。でも少なくとも今はとても充実していると感じています。

もし今の仕事で充実を感じていないなら、働き方についてちょっと見直してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク
こんな記事もあります!